寒中お見舞い 2012  (名称変更について)

本年が穏やかな日々でありますように... 大寒を過ぎてから、さらに冷え込む
北国です。東北の被災地の皆さまのためにも、早い春の訪れ、暖冬が願われます。

小さな個人的な 「ほんかふぇ.」 の活動に自ら疑問を持ったわけではありませんが、
2011年は休止してしまいました。 せめて半期に1度は開催したいと存じます。

札幌市の市民団体登録の名称を変更いたしました。 「ほんかふぇ.com」 です。
環境NGO総覧にも掲載頂いておりまして、順次届けます。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

無料ブログを使用のため、自動的に広告が入ってます。カードを持っていないため
有料にしそびれています。 おすすめキーワードも、私の嗜好・信条と一切無関係です。

[PR]

# by livres6 | 2012-01-09 14:03 | ささやき ...  

第58回 日本図書館情報学会研究大会シンポジウム (断片)

「図書館・博物館・文書館の連携をめぐる現状と課題」 (一般公開 / 無料)
10月10日(日)14:00-16:50  於:藤女子大学北16条キャンパス

パネリスト : 高山 正也氏 (独立行政法人 国立公文書館館長 第7代)
田窪 直規氏 (近畿大学 教授 司書課程・学芸員課程担当)
持田 誠氏 (北海道大学総合博物館 資料部研究員)
コーディネータ・司会 : 古賀 崇氏 (京都大学附属図書館研究開発室 准教授)

配布資料 : シンポジウム概要/ パネリスト・プロフィール・発言要旨,A4両面1枚
高山氏-発言要旨(アーカイブズをめぐる状況の概説ほか) A4片面1枚、
田窪氏-「MLA連携の見取り図」(MLA連携ブーム~参考・参照文献)A4両面3枚
持田氏-なし (PPT20枚以上?)   ※15:50頃まで御三方のご講演

拙メモ  上記資料の文言を反映しておらず、ごく一部です 
高山先生: 本質的に個別に考えるのは不自然な状況、情報蓄積・検索型 ⇔ 速報型
分化の歴史の流れ、統合化 → 相互補完、影響しあう、コラボ、各々の質向上
紙だけの時より新しい保護対策を、記録媒体の多様化 (稼動メンテナンスの必要性)
なぜアーカイビングしなければならないか、意味、デジタル化のコスト
?的セキュリティの意識が日本で欠けている。文化は国のアイデンティティ
地震対策(阪神淡路大震災のときの大阪ガスの姿勢)
長い目で見ると放射性危険物(のことを)将来にどうやって残すか、紙が持つか
言語体系が生き残るか、その言語が通用するか、むしろ象形的記号が良い
資料の活用、各々の枠だけで専門研究が完結するかどうか、幅広い視野で枠を超え..
メタデータをどうするか、公文書のプロセスは? Provenanceをしっかりする

意見交換・討論 メモの一部  ご発言の順に関わらず、各パネリストごと集約 
高山先生 : 米国のライブラリースクールは大学院レベル、専門課程。実務実践の場で身に
つけた人が入校、余り時間をかけずに一定レベルに。プロ養成の場 ..新しい公文書法、
社会教育法、縦割の壁を乗り越えるには。 「ミネソタ デジタルライブラリー」 「岡山デジタル大百科」
隣接領域から目配りをしてほしい。海外で何をしているか、昔は何をしたか。

田窪先生:博物館と図書館は社会教育に近い。MLAKでグルーピングした方か
博物館の出版物がNDLに行ってないのは、司書を置いてないので単に知らないだけでは
日本はMLAほぼ定着、米国はLAM多い、北欧はABM。 徳島県文化の森 1995~99年
パソコン通信による情報提供 筆者検索 : コメット 徳島県文化・学習情報システムhttp://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/ogawa/comet/ 

持田先生 : 図書館が持っている情報提供専門性は高い、研究職はその点低い
博物館はモノを集め、活用してこなかった。レファレンス機能を軽視、その点優れている
図書館と連携を強化していきたい。 納本制度/自治体の文書等低い。環境報告書も。
博物館は公開すると利用されるので内に籠りがち、(続いて高山先生が白書について)
[PR]

# by livres6 | 2010-11-07 21:59 | 学び (課程関連)  

第10回 ほんかふぇ. アンケートほか

当日の模様とアンケートを簡単にお伝えします。 13:30 ご挨拶等の後、

◇トーク1 : 東海林 好さん (藤女子大学大学院食物栄養学専攻 修士1年) は
 「高橋メソッド」 というプレゼン手法で進行 : あるコンビニの食品リサイクルを
 紹介。次に食品を題材にしたテレビ番組や医学論文3篇* (サプリメント関連) を
 話題提示など。 *著作権の都合で、回覧と掲示でご覧頂きました。

◇書籍トーク:主宰者が10数冊を見せながら順に紹介。これまで自分は殆ど陰に
 いましたが、今回は思い入れのある本が多く、つい休憩が曖昧になり恐縮でした。
 なお書籍一覧の記事に、2行ほど説明を加えて行きたいと思います。

◇トーク2 : 第6回でトーク下さった北海道大学大学院環境科学院 博士課程の
 宮崎稔也さんが、モデレーター的に東海林さんや参加者の交流を図りながら
 座を盛り上げて下さいました。  15:15 終了
 参考 : 第6回 「地球の人間、人間の地球」 サイエンスカフェレポート

【アンケート】  一部の選択項目を多数順に並べ替えています。n=12
1.読んでみたい本、興味を持った資料/冊子がありましたか (複数に○)
沢山あった 1  何冊かあった 8  知らなかった本が多い 6  難しそうな本が多い 1
○のない項目は略。  資料/冊子: 殆ど知っていた 0  余り見たことがない 4 

3.書籍購入のきっかけは  (複数に○、主なものは◎)
書店で見て 8   新聞・雑誌の書評 6  Webの広告や書評/出版社や流通 3
友人等のクチコミ(2   以下(各1) 図書館等で見て、  教師・上司のすすめ
刊行物・ニュースレター等の書評、 様々な機関や団体のウェブサイト、 ◎の結果は略

4.体調維持や健康管理で、特に心がけていること (3つ選択)
睡眠時間 8   適度に身体を動かす 7   食事内容と時間 7   早寝早起き 5
体温や体重チェック 3  ストレスを溜めない 2   (各1) 趣味・買物、歯みがき・口腔ケア
ゼロ ― 入浴・美容、 メディアの健康情報を収集、 サプリなどで補う 

5.食生活で当てはまること (複数に○)
野菜を沢山 8   規則正しい食事 5  栄養バランスに配慮 4  塩分控えめ 2
(各1) 砂糖・油脂は少なめ 乳製品を欠かさない  【お米中心 6  パンが多い 1】
【産地】道産・国産品を優先 10  気にしない 1  【消費期限切れ】 捨てる 1 
状態で判断 10    【添加物】 避ける 3  成分による 8  気にしない 0 
【保存料】 避ける 3  成分による 6  気にしない 1 【機能性食品・サプリ】 なし 10
時々 1  定期的 1  【無農薬・有機】 惹かれる 8  こだわらない 1 値段による 3

6.どんなテーマにご興味がありますか (複数に○)
心理学 7  食品科学 4   (各3) 医学・人体、 雪・氷、 宇宙、 脳・神経 
(各2) 気象、 農業技術、 環境経済学  (各1) 植物、 医薬品、 微生物
IT・コンピュータ、 生物・生態系、 エネルギー   ※ゼロは略

2のトークは概ね 「ためになった」 に○でした。ご感想について、時間の区切りを
わかりやすくお伝えするよう気をつけます。女子中学生お二人には、素直な印象
そのままの貴重なご意見を頂きました。多感な年頃に対しては、一種の責任を
感じます。広い視野を持ち続けてほしいと願っています。
さまざまに今後の参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

[PR]

# by livres6 | 2010-10-31 15:28 | ほんかふぇ.  

第10回 ほんかふぇ. 書籍一覧

(アンケートについては後日) 本日ご参加下さった皆さま、ありがとうございました。
は東海林さんがテーマの対象になさった2冊です。ほかは成田の選書ですので、
眼をとめた点や感想などを、駆け足でお伝えさせて頂きました。藤女子大学の
花川キャンパス図書館の蔵書が多く、北16条本館と共に大変お世話になりました。

種子は誰のもの : 地球の遺伝資源を考える  P.R. ムーニー/著;
  木原記念横浜生命科学振興財団/監訳. 八坂書房. 1991.10 
 
食べ物の安全と農業 :食べ物は安全じゃないの?
  アンドレア・クレア・ハート・スミス/著, 日本語版総監修/櫻井よしこ, 
  小峰書店. 2004  (現代の世界と日本を知ろう:イン・ザ・ニュース; 4).    
  
食 up to date : 食と健康, 食と安全, 食と環境
   松田覚/編集,金芳堂.2005.1.

食の安全を守る規制と貿易 : これからのグローバル・フード・システム 
  D・ロバーツ, D・オーデン, T・ジョスリングン/著, 塩飽二郎/訳, 家の光協会.2005.1.  
               
踊る「食の安全」 : 農薬から見える日本の食卓
   松永和紀/著, 家の光協会.2006.7

食環境科学入門 : 食の安全を環境問題の視点から 
   山口英昌/編著, ミネルヴァ書房. 2006.9.

メディア・バイアス : あやしい健康情報とニセ科学
   松永和紀/著, 光文社(新書). 2007.4

子どもの「パン食」は今日からおやめなさい! 
  幕内秀夫/著, 講談社+α新書. 2007.9 

食卓から地球環境がみえる : 食と農の持続可能性 
  湯本貴和/編, 昭和堂. 2008.3.  地球研叢書

食と環境 : 問われている日本のフードシステム  若森章孝/編著;
  良永康平/ほか著,  晃洋書房. 2008.7

その食べ物、なにが入ってる ?  ニール・モリス/著, 足立己幸/日本語版監修.
  片神貴子訳.文溪堂, 2009.3. (今考えよう、安全でゆたかな食生活・食環境;2). 

その食べ物、どこからきたの ?  ニール・モリス/著, 足立己幸/日本語版監修.
  笹山裕子訳. 文溪堂. 2009.3. (今考えよう、安全でゆたかな食生活・食環境;5) 

食の安全 :政治が操るアメリカの食卓  マリオン・ネッスル/著,
  久保田裕子・広瀬珠子/訳. 岩波書店. 2009.7

ほんとうの 「食の安全」 を考える : ゼロリスクという幻想  畝山智香子/著,
  化学同人. 2009.11

土の科学 命を育むパワーの秘密
  久馬一剛/著,PHPサイエンス・ワールド゙新書. 2010.7

刊行物 / 冊子類 (順不同)
nature ダイジェスト (07/2010   ・いちばん身近な 「食べもの」 の話 (農林水産省)
北海道産機能性食品素材辞典
  経済産業省北海道経済産業局北海道バイオ産業クラスターフォーラム 2010.3
・「食べるって」 たいせつだね!   (社) 北海道水産会、 監修 : 北海道水産林務部
野や山のきのこハンドブック  毒きのこの見分け方  (札幌市)
あなたは食品表示を読めますか? 札幌市市民まちづくり局消費者センター 2009.12
つながる! 生産者と飲食店と私たち 
   (財) さっぽろ産業振興財団 札幌中小企業支援センター 2009.12
さっぽろ とれたてっこ もっと食べたい もっと知りたいさっぽろ産の農畜産物
  札幌市農業振興協議会

別々にお電話でお申し込みいただいたお二人が会場を分からなかったのではと、
申し訳なくおります。大学構内の外国風の建物と申し上げたつもりでしたが、
大学の校舎内を探して遅れた方がいらっしゃいました。私の説明が拙かったと
これも反省点です。 追記:お一人から所用とのFAXを頂いていました。

[PR]

# by livres6 | 2010-10-17 22:38 | ほんかふぇ.  

第10回 ほんかふぇ. 「食環境ってなに?」  ポスター

書籍一覧などは後日お知らせ、会場は多少人数が増えても大丈夫です。
準備のためできるだけ参加のご連絡をお願い致します。お名前だけで結構です。
どうぞよろしくお願い致します。会場の様子 → 2009年撮影
(画像をクリックすると拡大)
f0114716_22404229.jpg

[PR]

# by livres6 | 2010-09-27 13:38 | ほんかふぇ.  

北海道大学 大学文書館の見学

2010年8月11日 (水) 15:00 ~17:00
Ⅰ.施設見学前のレクチャー   北大附属図書館(本館)4F 会議室 にて
挨拶 :逸見勝亮 館長(理事・副学長) 講師 : 山本美穂子氏(同館技術専門職員)   
配布資料:1.同館の概要・同大学の歴史、沿革資料についてなど A2用紙2枚
       2.リーフレット5種類 (A4両面カラー印刷、各1枚を2つ折) -内容略-

・同館にはスタッフとして兼務教員が5名いらっしゃいます。文学、教育、工学、理学、
北方生物圏フィールド科学の研究分野の先生方です。 図書館と異なる特徴かと思い
ました。いずれにしても、実質的に館員・研究員の3人で運営と伺い感心しました。
→ http://www.hokudai.ac.jp/bunsyo/staff.html

学生の技術補助員(アルバイト)は、日本語の崩し字、外国語の筆記体を解読できる
ことが必要だそうです。 展示物の一部が回覧され、間近に拝見できました。 特に
興味深かったのは次の2点です。

・明治39年 (1906年) の夏季修学旅行報告 (綴り)
和紙に墨で書かれており、罫線のない無地の用紙も多く、筆字による英語や表など
丹念な記述を見て、当時の学生の学問に対する情熱が偲ばれ感銘を受けました。

・写真アルバム : 保存状態が良いとはいえ、変色せずくっきりとした画像は驚きです。

現代から見てローテクの部類になってしまった文具や機器が歳月に耐え、当時を
伝えてくれています。場合によっては劣化するけれど、基本的にはローテクの方が
時間に対して脆くはないということ、普遍性を感じました。最先端の保存機器は常に
技術革新され続け、が付きまとっているようです。

資料を評価し、取捨選択の判断をするのは人間であり、資料を過去の遺物ではなく、
人間の営みや息吹を伝える "未来への財産" に変えるのが人間の叡智であると、
考えさせられる良い機会になりました。

Ⅱ.展示見学 (同館助教の井上高聡氏が解説と案内に同席・同行)
・北大応用菌学教室を創設なさった半沢洵教授の納豆に関する展示に目を惹かれ
ました。直筆原稿のほか、ご自身でデザインされた 「半澤式納豆」 の包装紙は、
秋田県、福島県など意匠の違いが面白く、そういえばデパートの物産展でレトロな
パッケージと思った製品のルーツでした。

食卓の小さな巨人 微生物」  高尾彰一/ 著、 北海道新聞社、1997年
に半沢教授のご業績が書かれています。

Ⅲ. 施設見学
サスティナビリティ学の事務局と同じ建物で、過去から未来へと持続していく証しの
ひとつのように思え、嬉しいです。 カビや埃が集積している資料も多いようで、マスクを
なさっても、担当者の健康が気になりました。

先の札幌市の施設と合わせて、ご準備、ご案内ほか、いろいろお取り計らい下さった
担当者の方々に感謝いたします。今後、役割と意義の重要性が、予算や人員にも
反映されますよう願われます。
[PR]

# by livres6 | 2010-09-13 20:31 | 学び (課程関連)  

札幌市文化資料室

8月9日(月) 15:00 ~17:00  ある課程の勉強で見学にまいりました。 札幌市の
(旧)豊水小学校を活用している施設です。職員の方々が講義下さいました。

1.札幌市文化資料室の活動状況について     講師 : 同資料室 竹内啓氏
〔資料〕 ① 施設の主旨・役割、統計データ2種、情報発信の状況などのまとめ
② 職員の新人研修のためのテキスト 「文書事務」 16頁

①札幌の歴史・文化に関する資料収集、学習・研究に利活用、後世に伝えるため保存
資料所蔵状況 : 約13万4千点のうち、写真が最も多く、約7万1千点 (7月末現在)
文化資料室ニュース 第10号によると、本年1月に閉鎖された 「札幌市写真ライブラリー」
より約3万点を移管。8/20一部をウェブ公開の予定。次に多いのが刊行物・文書

・郷土史相談室 (目的別相談件数) : 2006年~2010年度の推移、 学習用が大部分を
占める。09年度まで減少傾向だったが、今年度は7月末で総数がすでに昨年の68%

・情報発信の現況 : 「札幌市文化資料室研究紀要」 09年創刊、年1回刊行、現在第2号
「文化資料室ニュース」 2006年より年3回発行、号毎に草色や桃色の台紙、現在11号
いずれもHPにPDFで公開されています。

② 文書の収受・作成から廃棄までコンパクトにまとめられている。環境と市民自治」が
起案文書の要チェック事項らしく、道外の同規模の自治体はどのようか知りたくなりました。
  
2.施設の見学
大通り公園の西端の札幌市資料館は歴史的建造物で、美術館や教育文化会館に近く、
よく知られています。観光客も立ち寄る可能性が大きく、一方、文化資料室は旧小学校の
建物を使っているため設備や構造に制約がありそうです。職員の方々はいろいろご苦労
なさっているのではと思いました。 でも薄野という大繁華街に近いわりに、辺りは静かな
たたずまいです。今後は学びプラス楽しい雰囲気が増して、幅広い年代親しまれ、一層
魅力的なスポットになるように願われます。

展示のなかで特に印象的だったのは、1931年の下水道関係の公文書でした。
綴じられた紙は黄ばみ、ごわごわ煤けたような外観で、悲しみのような重さを感じました。
別の棚には佐賀県史や本州の市史が並んでいました。公文書は、当時の生活に思いを
はせる手がかりを客観的に伝えてくれると気づきました。

パネル展示の 「雪と生きる」 は、利雪 ・ 楽雪 ・ 克雪 ・ 耐雪という見出しで分かりやすく
解説されていました。非常に重要な水害と消防も取りあげられており、今後は地震や
活断層などについても、特に子どもたちに関心を喚起してほしいです。

3.札幌市における文書管理の現状と公文書館開設準備について
講師 : 〃 武田雅史氏   ①札幌市公文書管理規則(抄)
http://www.city.sapporo.jp/reiki/reiki_honbun/aa00201361.html
②公文書等の管理に関する法律(抄)
http://law.e-gov.go.jp/announce/H21HO066.html
③公文書の適正な管理に関して必要な施策
・札幌市公文書管理条例の制定(2012年度を想定)
・札幌市公文書館基本構想 http://www.city.sapporo.jp/somu/kobunsyokan/
④文化資料室における歴史公文書遺憾・選別状況
 ※一次選別は神奈川県立公文書館の基準をベースに一部追加

4.文化資料室の講座・セミナー               講師 : 〃 榎本洋介氏
①小学生・中学生向け講座 : ジュニアウィークエンドセミナー
「札幌の歴史探検 歴史新聞をつくろう」はテーマが多岐にわたり、知識だけでなく発想や
表現力、伝達力が養われる良い取り組みと思いました。大人には、どんな分野・テーマが
求められているのでしょうか、気になりました。 

【筆者検索】  2 公文書館の機能(評価選別) 2-1評価選別とは
http://www.city.sapporo.jp/somu/kobunsyokan/2-siryo/siryo5.pdf

「神奈川県の公文書館制度における中間保管庫の機能」 石原一則 (同県立公文書館)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/koubun/dai5/siryou7.pdf

歴史的公文書に関する全国調査 (公文書館設置済み)
http://www.pref.shiga.jp/b/kemmin-j/rekisiteki-bunsho/tyousa-setti191106.pdf
[PR]

# by livres6 | 2010-09-07 21:21 | 学び (課程関連)  

札幌市立図書館開設60周年 

1950年5月11日、時計台に開設された「市立札幌図書館」 は、 改称と移転を経て
現在地の 「札幌市中央図書館」 に至りました。 この間、区民センター図書室や
地区図書館がオープン、05年には 「札幌市子どもの読書活動推進計画」 が策定
されています。 昨夜、60周年記念セレモニー (時計台2Fホール) に出席しました。

式辞、祝辞の後、 「拡大写本グループ かわずの会」 「国際ソロプチミスト札幌中央」
「札幌Ⅰゾンタクラブ」 に感謝状贈呈、ピアノ演奏 (伊藤朋子さん) に移りました。
バッハ、ショパンと続く曲の合間に、丁度19時の鐘が鳴りわたり、 「時計台の鐘」 の
演奏で閉会、 NPO法人 羽原コレクション製の記念しおりも頂きました。

中央図書館では、5月30日まで 『市立図書館のあゆみ展』 が開催されています。
[PR]

# by livres6 | 2010-05-12 13:05 | ニュース、講演会等 etc